RollinX

球状パーツ用外観検査システム


LINUX

データベース統合

統計とレポート

カラー検査

人工知能

RollinXは、球状ワークの表面欠陥および寸法を検査する外観検査機です。ワークの表面を検査し、亀裂、バリ、充填不足、穴、フローマーク、離型不良、真円度などの主な欠陥を特定します。本機は、リアルタイムオペレーティングシステム搭載のPCによって制御され、同オペレーティングシステムにより、画像処理と、シンプルで直感的なインターフェースを介した作業者とのインタラクションが実行されます。リアルタイムシステムは、優れたシステム安定性と非常に高い検査速度を可能にします。

 

 

画像は産業用デジタルカメラで取得され、失われたり妨害を受けたりすることなくFireWireを介してPCに転送されます。

本機は、視野範囲内のゴム、プラスチック、その他材質の球状ワークを優れた精度で検査するために使用します。

供給デバイスが、振動ボールフィーダーからガラスパイプにワークを供給します。3台の高速カメラが各ワークにつき10枚の写真を取得し、画像処理後、良品と不良品を異なるケースに分類します。 すべての検査時間、検出した欠陥の数と種類、集積ストッカーの充填状態をリアルタイムで表示することができ、グラフと統計データによる検査レポートを保存し、管理システムに統合することも可能です。統計ソフトウェアは、データを処理し、工程能力指数(CPK)を計算し、生産パラメータに関するフィードバックを提供します。

品種切替時の残留ワーク高速排出や、全仕様パラメータの保存により、機械のダウンタイムを最小限に抑えます。

複数段式LEDフラッシュ照明

  • 全表面照度デジタル調整
  • 反射性ワーク検査可能性
  • 寸法・表面検査における優れた精度
  • 照度損失なし

技術仕様
検査対象品の種類 球体 - -
材料 ゴム、プラスチック、その他の材料 - -
モデル(視野) A B C
最小外径 2 mm 10 mm 25 mm
最大外径 10 mm 25 mm 60 mm
処理速度 1時間に最大10,000個
 
表面検査
寸法 直径10mmまで 直径25mmまで 直径60mmまで
解像度 0.025 mm 0.062 mm 0.150 mm
検出可能な最小欠陥サイズ* 0.050x0.050 mm 0.125x0.125 mm 0.300x0.300 mm


* 近接ピクセルとの色調差が30ポイント以上であること