寸法および表面欠陥外観検査機

マシンビジョンは、今や製造現場にとって不可欠な要素となっています。目的は、誤差を最小限に抑えながら、生産プロセスを改善することです。2008年以来、UTPVisionはこの拡大する需要に応え、独特の外観検査機を開発しました。

UTPVisionの機械には2色の照明装置使用によるカラー検査が採用されており、当社はこのシステムについて特許を取得しています。カラー検査のおかげで非常に正確な検査が実現し、いわゆる「過検出」、すなわち誤って不良判定となった良品の割合を大幅に減らすことができます。

banner mission and vision utp

MiniMatliXMatliXPhoeniXScrappiXは、極小〜中サイズのゴム、プラスチック、PTFEおよび他の材料の製品を高精度に検査できる自動外観検査機です。BigXは中型のOリングに特化しており、SqueezeXは閉じた亀裂を特定することができます。一方、KaliXシリーズは、あらゆる形状の製品を非接触式に検査できる寸法測定機です。

UTPVisionは、ハードウェアとソフトウェアにおいて、ますます複雑になる形状や表面の欠陥を検出できるよう、より高性能で信頼性の高いシステムを提供するため、利用可能なソリューションの改善にその独自性を発揮してきました。こうしたアプローチの具体的な結果の1つは、人工知能アルゴリズムの統合に見られます。

banner mission and vision utp

UTPVisionが提供するソリューションは、検査機を構成する5つのコンポーネント(ソフトウェア、機械、エレクトロニクス、照明、カメラ)すべてに関して社内ノウハウを活用し、マシンビジョンの機能全体を制御するという点で特徴的です。UTPVisionのビジョンシステムは、研究開発部門とのコラボレーションにより、お客様の生産プロセスに統合することができます。

UTPVisionのシステム、機器、コンポーネントは、カスタマイズが可能で、個々のお客様のニーズとあらゆる応用分野のニーズをカバーします。こうして、様々な特殊モデルが誕生してきました。医薬品包装業界全般に特化したPharma、大型Oリング用に開発されたLoringX、さらに、RollinXは球体パーツ用の画像検査システムであり、ProfiliXはゴムおよびプラスチック押出成形品の表面欠陥をインライン検査するための機械です。

banner mission and vision utp