新着情報

雑誌「L'industria della Gomma」に掲載の弊社社長インタビュー

マシンビジョンシステムは、エラーリスクを最小限に抑えながら生産プロセスを改善する目的で、数年前から産業界で欠かせないものとなっています。 このテーマにおいて、L'Industria della Gomma誌の1月/2月号で、弊社社長が同分野やUTPVisionの革新的テクノロジーに関する興味深い質問に答えました。 

 

「人工知能の新テクノロジーにより、画像処理とワーク選別のパラダイムを改革することを目指しているのです」と、弊社社長。

 

最も重要なイノベーションは、間違いなく、UTPVisionの外観検査機に搭載されている人工知能アルゴリズム補完技術です。これにより、作業者が製品の表面欠陥を特定するために閾値を設定することに基づいた、従来の検査方法を超えるテクノロジーを享受できるのです。 人工知能による新たなアプローチは、検査のための設定閾値の調整を必要とする、環境及び/又はプロセスの変数から切り離されているため、より堅牢であることが証明されています。 人工知能により、機械は、シンプルなサンプル画像を通して、「対象」(定義された特性)及び/又は表面欠陥(定義されていない特性)を識別できるようになりました。 作業者は、欠陥または検出すべき特性が顕著な一連のサンプル画像を収集し、いわゆるSVL(教師あり学習)により、機械に学習させ、必要に応じた分別や分類ができるようにします。

 

 

ゴム加工用機械市場の動向に関する展望は?

 

2020年にもたらされる技術革新は?

 

これらはインタビューの中で扱われたテーマのほんの一部です。記事全文は添付PDFにてご覧になれます。

ここをクリック 詳細をPDF形式でダウンロード