画像検査機に人工知能を応用

banner mission and vision utp

あなたが教え・・・システムが学習します!

UTPVision の画像検査システムを特徴付けているのは人工知能(AI)ソフトウェア「AIs」であり、パラメータとしきい値の手動入力に基づいて画像の取得と処理を行う従来の検査方法に革命を起こします。

AIsを使用すると、検出対象となる欠陥(または特徴)の一連の重要なサンプル画像を収集するだけで十分であり、いわゆる SVL(SuperVised Learning、教師あり学習)手順を通じて AIs に機械学習をさせ、ニーズに応じて検出対象を区別または分類することができます。

UTPVisionのパートナーであるSqueeze Brains社の協力を得て開発された人工知能ソフトという新しいアプローチは、画像検査のために設定されたしきい値を調整するという点で、後続の機械調整を必要とする環境および/またはプロセス変数が不要なため、より堅牢であることが証明されています。

 

もっと知りたいですか?
お問い合わせはこちらをクリックしてください。

人工知能のおかげで、機械は簡単なサンプル画像を使用して、定義された形状特性を持つ「オブジェクト」や、形状特性が未定義の「表面欠陥」を識別できるようになります。